アフターピルと言えばジェネリック医薬品であるアイピルがおすすめです。
一般に、日本の病院で処方されるアフターピルはノルレボです。
しかし、病院で処方される分、ノルレボの購入には高い費用が必要となりますし、病院で処方してもらうためには病院に一度行く必要があります。
一方、ノルレボのジェネリック医薬品であるアイピルは、ノルレボと比較して非常に安く購入することができる上に、病院に行かずとも自分で購入することが可能というメリットがあります。

アイピルはアフターピルとして販売されているノルレボと同じ成分が含まれていることから、その効果として、ノルレボとほとんど変わらない避妊効果を期待することができます。
つまり、アイピルはノルレボの高い避妊効果を得ることができる薬であるだけではなく、購入費用が嵩むこともないアフターピルであると言うことができます。
アイピルは、国内の薬局やドラッグストアで購入することはできませんが、個人輸入で購入することができるアフターピルです。
海外からの個人輸入となりますが、専門の輸入代行サイトなどもあるため、日本語で注文することもできて安心です。
通常、アフターピルは性行為の後にしか処方してもらうことができないため、万が一に備えて常備しておくことはできません。
しかし、アイピルであれば個人で購入して万が一に備え常備しておくことができるというメリットがあります。

アフターピルは基本的に避妊に失敗してしまってから72時間以内に服用しなければ効果があらわれません。
できるだけ早く服用した方が避妊に成功する可能性も高くなります。
そのため、アフターピルとしてアイピルが常備されていれば、万が一の場合でもすぐに薬剤を服用することができるので避妊が成功する可能性が高くなります。
病院での処方であれば、一回の受診につき一回分(一個)のみしか処方されませんが、海外からアイピルを個人輸入する場合には複数個購入することも可能なので便利です。

低用量ピルのトリキュラーと超低用量ピルのヤーズ

ピルの種類には、アフターピルだけではなく、低用量ピル、さらに超低用量ピルがあります。
アフターピルは性行為の後、緊急避妊薬として服用するものですが、低用量ピルや超低用量ピルは性行為の前に継続して服用しておかなければなりません。
アフターピルとピルでは使用方法が全く異なります。

アフターピルは緊急避妊薬であり、成分として含まれているホルモン含有量が非常に多いため、自然に備わっているホルモンバランスを大きく変化させます。
一般に、ピルの中に含まれているホルモン含有量が多いほど副作用が生じる可能性が多いです。
そのため、アフターピルよりも低用量ピルや超低用量ピルの方が副作用は少なくなります。

低用量ピルの代表的なものとして挙げることができるのがトリキュラーです。
トリキュラーは他のピルと比較して体内のホルモンバランスが自然に保たれるように調整されているため、副作用が出にくくなっています。
トリキュラーに含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンが排卵を促すホルモンの分泌を抑制することによって、子宮内膜を変化させ受精卵の着床を防ぐことができます。
使用方法として、トリキュラーには21錠タイプのものと28錠タイプのものが販売されていますが、21錠タイプのものの場合、生理が開始した初日から1錠を服用し始めます。
毎日決められた時刻に必ず1錠服用し、それを21日間継続して服用します。21日間服用し続けた後、7日間を休薬期間とします。
28錠タイプの場合には、この7日間の休薬期間に偽薬を服用することで、休薬しているのと同じ効果が得られるようになっています。

超低用量ピルの代表的なものとして挙げることができるのはヤーズです。
ヤーズが超低用量ピルに分類されるのは、一般の低用量ピルよりもさらに少ないホルモン含有量であるにもかかわらず、高い避妊効果を得ることができるからです。
ヤーズは少ないホルモン量でも効率的に身体のホルモンバランスに働きかけることができ高い避妊効果を発揮します。
ホルモン含有量が少なくなっている分、他のピルと比べて副作用が出にくいという特徴がヤーズにはあります。
トリキュラーと同じように、ヤーズも毎日決められた時間に1錠を服用するという使用方法となります。